通信制高校への入学は高校卒業資格取得が目的

通信制高校はどんな学校なのか

あなたは、通信制高校について知っていますか。
通信によって一人ひとりの生徒たちに合う形の教育を行っていく高校のことです。
実は、高校卒業という資格を手にするためには、3年以上の間高校に通うことが必要となります。
これは、学校教育法によりそう決まっています。
しかし、さまざまな事情により、高校を中退した生徒や働いている生徒もいます。
また、いじめによる不登校で悩んでいる生徒や障害があって普通の人と一緒に勉強することが難しい生徒にもこの通信制が合っていることがあります。
未成年でありながらアイドルなどの芸能活動をしていたり、アスリートとして活躍していたりする場合にも、この通信制が重宝するようです。
ヨット部やワンダーフォーゲル部、将棋部など、独特の活動に特化した高校もたくさんあります。

高校卒業資格が取れるのが最大の魅力

通信制高校が人気なのは、それぞれの人に合うペースで勉強して高校の卒業資格を手に入れることができるからです。
通信制高校であれば、4月と10月が入学時期になっていることが多いです。
ですから、新入生の募集は3月や8月ぐらいから行われていたりします。
卒業時期は、大体3月や9月となっていて、必修科目の単位がすべて修得されていることが卒業条件となります。
全部で74単位取得することになっているのです。

卒業までの道のりはかなり独特

通信制高校の単位は主に、レポートやスクーリング、テストの3種類によって必要な単位を取得できるようになっています。
通信制なら、ほとんどの場合学年制ではなく、単位制となっていてなかには10年もかけて単位を取得する人もいます。
まず、レポートですが、普通は家で勉強していくことになります。
そして、何度か学校から出されたレポートを書き、添削してもらうことになります。
スクーリングでは先生と対面して勉強のなかでわからない場所などを聞くことになります。
その多くは、月に2回ほどのスクーリングが設けられています。