通信制高校の学費について

通信制高校の概要

通信制高校とは、文字通り、通信による教育を行う課程のことであり、学校教育法により、修業年限は3年以上と定められています。通信制高校に限らず、高校を卒業するためには、3年以上の在籍期間が必要となります。通信制は、全日制・定時制と並ぶ教育課程であり、個々のペースで学習し、高校卒業資格を取得することができるため、すでに働いている人や、高校を一度中退した人など、さまざまな人が通っています。

学費が高い?通信制高校

 ここでは、通信制高校の学費について、ご紹介します。通信制の学費については、全体的には全日制高校よりも、安くおさえられている傾向にあります。通信制でもさらに、公立の場合には、とても安く設定されており、入学金が500円、授業料は年間で3万円程度、1単位あたり300円からに設定されている学校も存在します。一方、私立の通信制の高校の場合には、公立と比べて学費は高く、安い学校でも、入学金が2万円、授業料も年間で20万円からとなっているのが現状です。

通信制高校にも公立と私立がある

 公立の通信制の場合、確かにかかる費用は安いのですが、自分自身での自主学習が主体となり、しっかりと学習を進めていかなければ、3年間で卒業資格を取得することは、大変難しいのが現状です。また、先生と接する機会の少なく、進路など相談しずらいという面があります。
 私立の場合は、通信制でも通学することにより、先生から直接指導を受けることができますし、サポート体制が充実しています。最近では、インターネットを通じたライブ授業を導入している私立の通信制も少なくありません。
 通信制でも全日制高校と同じように、奨学金制度が充実しています。入学を検討されている方は、資料請求後、各学校に問い合わせてみることをおすすめします。