未来は必ず開ける! 楽観主義がおすすめ!

多くの生徒を引きつける通信制高校の魅力とは

通信制高校の基本を知ろう

通信制高校とは、通信教育によって高校過程を履修する学校のことをいいます。
高校教育には、全日制・定時制・通信制の3つのコースがあり、将来の目標やライフスタイルによって選ぶことができます。
通信制は、中でも最も自分のペースで勉強ができるコースです。

前の高校の単位が無駄にならない

高校卒業には、どのコースであっても74単位を修了しなければなりません。
しかし、最も一般的な全日制の多くは1学年ごとに予め決められた単位を修了し、足りない場合は翌年落第してもう1年やり直さなければならないという学年制が主となっています。
ところが、通信制では自分で学びたい単位を選択し、それを3年以上かけて修了する単位制を採用しているところが多く、前の学校で取得した単位も組み入れられるため、時間の無駄が少ないのです。

自分のやりたい授業や部活に集中できる

集団教育が苦手な方やスポーツや他の勉強を重点的に行いたい方には学びやすい過程といえるでしょう。
本来、通信制が設置された理由としては、昔中学を卒業後すぐ就職をしたなどで学校に通う時間がなかった人たちに、通信教育で高校卒業資格を修得してもらおうという目的のためでした。
しかしその後、社会情勢の変化があり、今では従来の理由の他、中学時代不登校だった人や全日制が肌に合わなかった人、すでに芸能やスポーツ活動を行っている人、また過去に高校に進学する機会がなかった社会人等、様々な動機で入学してきています。

通信制高校の授業について

学習の進め方は、レポートの提出、先生と面接して授業を受けるスクーリング、そして単位認定試験という流れになります。
レポートは年間約50から60ほど提出し、添削指導を受けます。
スクーリングは高校によってシステムに多少違いがありますが、多くは年間20日くらいを予定しています。
通信制高校は単位制を採用しているため、学年の区別が明確にはありません。
こうしたこともあって、幅広い年齢層の生徒が在籍し、また様々な状況を経て入学してきた人が集まっています。
そうしたところから新たな交流が生まれ、充実した高校生活を送ることができるでしょう。
参考:通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求も可能

最新投稿